09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, - -
    プチ同窓会
     
    0
      今日は中学時代の友達4人で
      プチ同窓会でした。


      山形で同じクラスだった4人が
      東京で同じ場所に集まれるってのが
      こんなに嬉しいこととは(´;ω;`)


      見た目は老けたりハゲ散らかしたり
      太ったりだったけども、
      一度喋り出すと中学時代と何も
      変わらない。

      自分が覚えてない自分の話を聞いて、
      言われても思い出せなかったりして、
      でもまあ総合すると私は昔から
      頭が悪く、そのまま大人になり、
      委員長は委員長のまま、
      しっかり者の親友はしっかり者のまま
      当時から口の悪いやつは
      口の悪いまま。


      あんなに腹を抱えて笑ったのは
      本当に久しぶりだったなあ。


      その場にいたみんなが
      中学時代が一番楽しかったと言った。
      私もそう思う。


      とにかく毎日が
      楽しくて楽しくて仕方なかった。

      よく泣いて怒って笑った。


      あの時代があったから、
      私は今漫画が描けている。


      けっこう飲んで帰って来たのに
      何か色々思い出してたら
      ものすごいテンション上がって、
      この時間まで普通に仕事を
      してしまいましたw


      あっくんにも作って欲しいなあ。

      一生もんの友達。


      どんなに離れてても
      何年会わなくても、
      顔見た瞬間に一瞬で笑える友達。


      誰かの記憶の中に
      自分すら忘れている自分がいる。
      それがとても幸せだということを
      これからの長い人生の中で
      あっくんも見つけてくれたら
      嬉しいなあ。





      5月に本気同窓会を企画しました。

      Twitterでも書いたけど、
      当時のクラスメイトでもしこの
      ブログを読んでる人がいたら
      連絡ください〜…って
      そんな簡単に見つかるわけないなw

      何十年前だよwww


      ちょっとそれまでに
      頑張って痩せよw



      連載終わってから
      なかなか会えなかった人達に
      一気に会おうとしているから
      ものすごい遊んでるようですが
      ちゃんと単行本作業進めてますw


      3月に4巻が出ますので
      しばらくお待ちくださいね!


      イクラちゃんのスピンオフ
      8Pかきおろしです!!







       
      auther:aki-who, -, - -
      ありがとう
       
      0
        先日、3本目の連載である
        「おかしな★ふたり」が無事に
        終わりました_(:3 」∠)_


        読んでくださった皆様、
        本当にありがとうございました。
        (人'∀'o)

        やはり私は自分のキャラは
        自分の子供のように思っているので
        太一と緑を幸せにしてあげられて
        ほんと良かったなあと思います。


        まだ描きたい事は色々ありますが
        それはまた形を変えてどこかで
        表現出来たらいいなあと思ってます。



        そして先日、誕生日でした。

        今年は家族に祝ってもらいました。


        息子が笑顔で
        「お母ちゃん、おめでとう(´・∀・`)」と
        言ってくれた時に
        不思議な気分になりました。


        私は、なくすのが怖いので
        大事なものはこれ以上
        増えない方がいいと
        思ってたんですけど、

        自分が大事に思ってる人も
        自分を大事にしてくれてるんだと
        私がいなくなったら
        この人達も私と同じぐらい
        辛いのかもしれないと
        そんな事を考えました。


        そしてそれは家族だけでなく
        作家仲間や、読んでくれている
        ファンの方々、友人、アシスタント、
        本当に自分を思ってくれてる人は
        皆私に同じ事を言ってくれるのです。


        自信をなくした時に
        私がどうあるべきかとか、
        私の良さを、皆同じような言葉で
        伝えてくれる。


        どこか自分だけが
        周りのために走り回って来たような
        人生だと思ってきましたが、
        そんなことはないんだなあと
        つくづく思います。(´;ω;`)


        先日、後輩作家とちょっと
        やり取りをしました。

        彼女は私よりずっと売れっ子だけど
        「愛ねえにはかなわない」と
        言いましたが、同じ事を私は
        彼女にも思います。

        お互いかなわないと思ってる相手が
        ライバルなのかもしれないと
        思ったら、それはこの先も
        頑張って行く自分にとって、
        どれだけの道標になるだろう、と
        思ったら泣きそうになりました。


        そんな彼女も、
        家族が言うのと同じような言葉で
        私の心をいとも簡単に
        すくい上げてくれたのでした。


        それ以前に、同じように
        ペンを折らずにやり続けてきた
        彼女だからこそ私に
        言える言葉もあるのだろうなと
        思いました。


        俄然やる気が出て来ましたぞ!



        …とまあそんな感じで
        次にやるべきことも段々形に
        なってきたので、しばらく
        デザート本誌はお休みです。

        こんなに開くのは
        デビューしてから初めてなので
        忘れられてしまわないか心配ですw


        夏頃開始に向けて準備中です。

        もうしばらく
        お待ちくださいませ(*´∀`*)


        3月に最終巻の4巻が出ますので
        まずはそちらをお楽しみに!



        これからも応援よろしく
        お願いします!






         
        auther:aki-who, -, - -
        あけまして
         
        0
          おめでとうございますーー!

          っておせえwww


          しかも今見たらブログの方の
          コメントを返すということを
          すっかり失念してしまっていました…。

          ほんとにすんません!

          ちなみにブログにあった質問ですが
          mixiは個人でやってまして
          非公開なのです〜(´;ω;`)
          ってその前に大したこと
          書いてないっていうか最近あまり
          ログインもしてないっていうww


          クリスマスも無事終わりました。

          あっくんはこの年になってようやく
          「サンタガチでいる」と信じ始めた
          ようです。

          手紙に書いたオモチャを届けて
          もらったら目を真ん丸くして
          喜んでおりました。

          そしてオモチャを高く掲げ



          「これが俺の祈りだったんだあ!!」



          祈りてwwwwww


          恐らく「ねがいごと」的な意味合い
          だったんでしょうなw
          朝から盛大に吹きました。



          そんなクリスマスも終わり
          ヒーコラ大掃除して
          2013年になりました。

          皆さんはどんなお正月だったのかしら。

          私は大晦日は必ず実家で家族と
          過ごして紅白見る!

          というベタな行事を
          産まれてこのかた破ったこと
          ありませんw


          なんかね、
          大晦日は実家で親と過ごして
          ちゃんと明けましたしないと
          1年が終わった気がしないんですよ。




          そんでもって

          今年でデビュー12年目です。

          あっという間だったなあ。


          三本目の連載「おかしな★ふたり」も
          今最終回を執筆なうです。

          寂しいなあ(´;ω;`)

          でも今年は新しい事にもガンガン
          挑戦して行きたいです。

          新連載も、
          ちょっと今までの感じとは
          違うものにしたいなあと思ってます。


          何にしても楽しみだ!


          正月早々気管支炎をやらかして
          ゼーゼー言ってますが元気です。


          今年も頑張ります!!!




           
          auther:aki-who, -, - -
          BE-LOVE!!
           
          0
            お久しぶりでございます!

            さて、今年の仕事もようやく
            片が付き、残す所は仕事場の
            新居探しと大掃除と忘年会のみに
            なった丘上です。


            今年最後の仕事が終わるや否や
            友人の結婚式で長野に行っていたので
            先程帰宅してようやく
            落ち着きました。


            やっぱ人の結婚式てのは
            何度みてもいいもんですね。

            そしていつからだろう。
            結婚式を母親の目線で見てしまう
            ようになったのは。

            新郎が友人だろうが
            新婦が友人だろうが、

            最近はいつも「新婦と母親」の
            組み合わせに涙が出てしまいます。

            産まれた息子が大人になるまでの
            軌跡と、それを晴れ舞台で見守る
            お母さんの眼差しを見てるだけで、
            いつかあっくんが大きくなった時の
            事を考えてボロボロ泣いて
            しまいます。


            そして結婚と言えば!


            わたくしデビュー12年目にして
            初めてデザート以外の雑誌で
            漫画を掲載していただきました。


            なんとなんと、
            創刊35年を誇る老舗雑誌

            BE-LOVE

            ですよ!


            最初お話をいただいた時は、
            我が耳を疑いました。

            BE-LOVEと言えば
            少女漫画界における
            重鎮の中の重鎮である先生方が
            名を連ねている雑誌。

            武者震いです、もう。


            そこでこの若輩者丘上に
            「家族」の話を、と。

            デザートでやさしい子供のつくりかた
            を連載していた時は、
            主に主人公二人の恋愛がメイン
            でしたが、今回はもう少し
            大人向けのお話ということで、
            結婚、出産、家族について
            描かせていただきました。


            ありえない緊張感の中、
            担当様と何度も練り直し
            ようやく「家族前夜」という
            前後編60ページが完成いたしました。


            人の繋がりや命や家族を
            何より大事に思っている、
            今の私に出来る精一杯の作品を
            作れたと思っています。


            デザートとはまた違ったテイスト
            ではありますが、丘上らしさは
            どちらの雑誌でも変わらず
            貫きたいと思って描かせて
            いただいたので、楽しんで
            いただけたら嬉しいです!

            初めて丘上を読むという方も、
            これを機に丘上あい、丘上あいを!
            よろしくお願いします!



            …あっ明日選挙行かなきゃ!!
            :(;゙゚'ω゚'):
             
            auther:aki-who, -, - -
            原稿終わった
             
            0
              さて…前回よりは空いてないぞドキドキ…


              カップラーメンの三分ぐらいなら
              体感でどうにかなる丘上です
              こんばんわ。


              おかふた18話の原稿が
              今さっき終了しましたよ。


              ちょと今回内容が切なくて
              なんか泣きそうになりましたw

              アシの薫は泣きながらトーン
              貼ってましたw


              主人公の2人を
              幸せに近づけて行く瞬間は
              いつも物凄いテンション上がる。

              でもそのせいで涙を流す
              脇役もいるわけで、

              その脇役の見えない涙まで
              描きたかったのが
              おかふたです。




              なんつーかなあ。
              今年はよく働いたなほんと。

              まあ来年も更に働くけどね!


              皆さんに早くお知らせしたいことが
              あるんだけどもう少々
              お待ちくださいね。

              (次のブログではお知らせ
              出来るといいのだが…)


              ああ、先に言いますが
              映像化とかそんな話ではないですw

              そんなことなったら心臓止まるwww


              でもいつか叶ったらいいなあ映像化。


              自分のキャラに命が吹き込まれて
              動き回るってどんな感覚だろ。

              ろびこの怪物くんや
              葉月さんの好きっていいなよが
              アニメになったので見てるんですが

              すげーーー!
              つか、不思議な感覚。

              またどっちも漫画とアニメの
              世界観がピッタリリンクしてて
              監督さんも素晴らしいんだろうなあ。


              いいなあいいなあ。
              羨ましいなあ(素直)


              …そら羨ましいわww!


              羨ましいので今度ろびこに会ったら
              あの主題歌を歌ってもらう
              ことにする。


              可愛いよねOPもEDも。

              葉月さんのOPもちょっと泣ける
              ぐらいいい曲だと思う。


              と考えると曲一つとっても
              その世界観を表すには
              大事な要素なんですなあ、と
              改めて思ったり。




              もっと漫画が描きたいんだ。

              そらもういっぱい描きたいんだ。

              こんだけ描いても
              全然絵がうまくなんないんだけど
              それでも描きたい。


              読んでくれる人がいるから。


              よく周りの人に

              「疲れないの?」
              「倒れちゃうよ」
              「仕事しすぎだよ」

              て言われるんだけども


              そんなにヒイヒイ仕事してる
              感じでもないんだよなあ自分では。

              まああまりにも激務だと
              たまに身体が悲鳴をあげるけど
              それはどの仕事もそうだし
              漫画家が特別大変とは思わない。

              1から10まで1人でやってるかと
              思いきや、
              周りの協力なしには
              とても出来ない仕事だし(私はね)

              だからまだまだ描ける。


              なんつーか


              もっとくれよ!!!


              て感じかなww


              私は漫画しか描けないんだけど

              その中でやりたいことが
              いっぱいあるなんて、

              なんて幸せなことだろうと
              思うんだよ。


              例えば何気ない一日も、
              私にとっては漫画の宝庫なんだよ。


              ちょっと外に出て、

              ああ、今日は天気がいいねえ、

              好きな人の下は晴れているかな。



              みたいな感覚を漫画で再現するのが
              すごく幸せなんだよな。

              歩いてるだけで
              生きてるだけで

              ちっちゃい幸せが
              そこらじゅうに山ほど転がってる。


              私はそれを拾い集めて
              届ける。


              受け取ってくれる人がいるから。


              顔も知らない人が
              私の広い集めた言葉をどっかで

              受け取ってくれている。



              こないだ、ファンの子から
              プレゼントもらいました。




              私だって、これ。

              私なんだって。


              落ち込んでたんだよその日。
              何で思うようにいかないんだと
              苦しくて泣いていたんだよ。


              そんな時に
              これ見て違う涙になったわ。


              待ってる人がいるんだよ。


              届けたいんだよ。


              私の感じた想いも

              涙も

              幸せも


              全部だよ。




              受け取ってくれる人がいる限り。


              どんな方法を使ったって
              届けるから

              待っててね。



              夜中のブログは
              いつもウエットだけど
              夜中しか更新しないので
              結局ウエットなブログだなw


              しかも独り言みたいなw


              こんな時間にお父ちゃんの土産の
              寿司の残りを食べてしまったために
              原稿終わったのに寝るわけにいかず

              かと言ってすぐ次の仕事てのも
              ちょとアレなんで
              こらからプリズンブレイク(再)
              見ながら酒でも飲むわ。


              頂き物の日本酒が
              仕事場に大小6本あるので
              ちびちびと。


              明日はあっくんと
              めいっぱい遊ぶんだ。



              今日も一日無事に過ごせました。
              ありがとう。
               
              auther:aki-who, -, - -
               1/7PAGES >>
              (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.